くらしのデザイン室⑦『大自然の中でのびのびと・・・』

> 2008年 10月31日  P47  掲載 (連載7回目)
 ・ リヴァープレス社  
  すこやかな暮らし発見、岩手から。 『家と人。』 VOL.17 
d0053167_1645076.jpg

くらしのデザイン室⑦
『大自然の中でのびのびと・・・』

 日本海を望み、川と森がすぐ側にある高台の住宅。そこが今回のお話の住まいです。

 子供たちを自分が住んでいた自然いっぱいの土地で育てたい。もちろん、住まいも自然素材をふんだんに使い、手作り感あふれる寒さ知らずの家を大工さんから造ってもらいたい───。

 スクラップブックいっぱいに希望のイメージをまとめ、3歳の男の子と1歳の女の子を連れ打合せに。お昼にハヤシライスを作ってご馳走してあげたら喜んで食べてくれたのだが、次の打合わせの際にも、ハヤシライスがあると思っていて、『食べに来たのに・・・』と泣かれてしまった。そんな家族ぐるみの和気藹々とした中、楽しい家づくりが始まった。

≪玄関ポーチ≫
 玄関ドアはスウェーデン製の木製断熱タイプで寒さをがっちりガード。ポーチと下屋上の外壁をレッドシーダーの羽目板でアクセント。まわりの自然とも調和しお客様をおもてなし。山小屋に遊びに来た気分。

≪L.D.K≫
玄関正面のリビングは、掘りごたつが設置してあるから家族みんなの集合場所。窓側の壁面全体が造り付けの収納棚とカウンター。大容量がうれしい。子供たちの成長記録のアルバムもいっぱい置いてあるから、すぐ手にとって思い出話に花が咲く。両サイドにはキッチンと和室が続いていて、いつもみんなの気配を感じていられる。

≪和室の続き間≫
玄関からすぐ左手、お客様を通すことが出来るので客間としても利用。いつもはリビングとの続き間としてフル活用。寒くないから、どこでも使えるのがうれしい。子供たちのお昼寝には一番の場所。

≪階段&ホール≫
 階段は、玄関の吹き抜け空間と一体なのでゆったりとした広がりを感じることが出来る。階段下は、玄関側とトイレ側からとの収納があり、それぞれのこまごまとした物を入れておけるので、とっても便利。

≪水周り≫
 キッチンの脇と吊戸のスペースは作り付けの収納。扉が無いので見せる収納で整理。キッチンの足元の窓は夏に涼しい風を運んでくれる。洗面所、浴室が隣接しているので家事動線が使いやすい。夏の海水浴シーズンは、裏口からすぐお風呂に直行。2階ホールに洗面台があるので、子供たちの急な発熱や掃除の時などいちいち下に降りずに作業できるのが、うれしい。

≪2階の部屋≫
 将来、3部屋に仕切ることが出来るように設計。もちろん、寒く無いから天井も仕切りの壁もない。いまは家族みんなで好きなように使っちゃおう。

≪小屋裏部屋≫
 子供たちの遊び場。壁の厚みを利用した棚には、フィギアがたくさん並んでいる。ウルトラマンや仮面ライダーなどなど。自分たちの目線の棚だから自分たちで片付けられる。床は、ネダレス仕上げ。だから、乗り物の車でガリガリもヘッチャラ。元気に遊んで大きくなぁれ。

d0053167_15495522.jpg

[PR]

by shinwasouken | 2008-10-31 16:00 | 連載-家と人。
line

あなたの住まいを一緒に育てたい


by shinwasouken
line