<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


工務店の家守り術 私の「家守り」スタイル⑤

> 2009年 8月30日  P51/P52/P53 掲載
 ・ 新建新聞社
   工務店のための実務ノウハウ  『新建ハウジング プラスワン』 No.488
私の「家守り」スタイル
  人の暮らしを支える工務店 -その5-


d0053167_1653540.jpg

〓 点検を背景に暮らしを
さり気なくサポート。半年間で頼れる存在に 〓


点検しながら生活に密着した情報を提供

 私たちの場合、定期点検の最初は引き渡し後1カ月以内。「使い勝手はどうですか?」「住み心地はいかがですか?」と、電話連絡や顔出し訪問をします。そのあと、3カ月から6カ月以内に季節の使い勝手を説明に行きます。

 内容は、寒い時期なら暖房の使い方や温湿度のバランス。いままでの生活のように暖めすぎないことがポイントです。具体的には20℃前後の室温と、45%前後の湿度を保持する。高性能住宅であっても動くと汗ばむような設定はダメで、適度な服装や部分採暖でエコ生活を送る工夫を伝えます。

 暑い時期なら、涼しい時間帯の外気の取り入れ方やグリーンカーテンによる日差しの遮断の仕方などを話します。あるいは、家庭菜園と組み合わせた一挙両得な提案。実施しているOB施主様の例や、住まい手としての私たちの考えを説明します。

 暖冷房以外にも、たとえばガスコンロからIHに変更したお施主様の、お料理の感覚が違うという悩みに対するアドバイス。タイマーや余熱を使ったお手軽料理を提案します。また、あらわしにした梁の上の掃除方法などもよく聞かれることです。

 半年くらいでは住宅は何ら問題ありませんが、この間に、より生活に密着した情報を提供していくことで、一番近い頼りになる工務店になっていけるのではないでしょうか。

施主に動いてもらい保守の経験を積ませる

 私たちの定期点検はこのようにスタートしますから、当然、お施主様には「いつもと違う?」「これで良かったのかな?」と思ったときは些細なことでも迷わず連絡してほしいと話しています。

 連絡をいただくことで、仮に何もなければ安心できるし、何かのトラブルの前兆であれば未然にそれを防止できます。このときのポイントは、電話をもらったらできるだけ早めに駆けつける、というだけでなく、状況を十分に聞いて応急処置の仕方を伝え、お施主様にも動いてもらうということです。

 たとえばボイラーが突然停止してしまった場合、本体または操作パネルに何のエラー番号が出ているかをお施主様にチェックしてもらい、その内容を取扱説明書などで確認してもらいます。そこにはトラブルの原因と対処法も書いてあるので、よく認識してもらって、業者に頼むかどうかの判断を委ねます。

 半密閉タイプの温水暖房の場合、水の補給だけで直るケースもあるので、そうしたときはお施主様自らがトラブルに対処することで、次の突発事態に対応できる経験を積むことになるのです。

トラブルを自分で解決できたことが自信に

 ほかにも、照明器具の「ホタルスイッチがついていない」「スイッチが壊れたみたい」といった連絡に対しては、大半が本体との連動によるものだと説明し、電球を交換してもらって点くかどうかを確認してもらいます。点いた場合は電球の芯切れが原因で、そうでない場合は照明器具本体かスイッチの故障です。

 こうしたことを一つひとつやってもらい、ときにはやって見せ、保全の仕方をお教えしていきます。住まいのトラブルを自分で解決できれば、それはお施主様の自信につながります。

 実際、お施主様は「こんなことくらいで電話していいのかな?」「笑われたりしないかな?」と思う気持ちがあって、連絡を躊躇していることが多いのです。そんなときは、つくり手の私たちも、知らないことをたくさんの経験でお施主様から教えてもらえるのはありがたいと伝えてあげましょう。
 こうしたことが、上手なお付き合いにつながっていくと思います。定期点検だからといって必ずしも決まったことをすればいい、あるいはしなければいけないのではなく、そのつど臨機応変に対応できる体制をつくっていることが大切と思います。

点検時は気になる部分を事前にヒアリング

 会社設立から十数年、数多くの新築・増改築住宅を手掛けさせていただきました。数が多くなるということは、点検やアフターの必要な住宅が多くなり、管理が大変になります。

 私たちの履歴情報ファイルについては前回お話しましたが、定期点検の際は事前にこれをチェック。電話連絡で気になる部分をヒアリングし、ある程度のことを想定して、手だてができる準備をして行きます。また自分たちがそれなりの知識や技術を身に付け、専門職を呼ばずとも作業ができるように心掛けています。

 とはいえ、ときには専門職の手助けも必要となりますから、都合を打診して点検時間に合流してもらえるよう連携をとります。そして住まいの問題を解決したら、その日か翌日の終礼や月イチのスタッフ会議で報告。社内全体で情報を共有化し、業者会議などでも最近の事例として発表します。

 また材料や設備でのトラブルに関しては、もちろんメーカーにも内容をフィードバックし、改善に向けて努力してもらえるよう回答を求めます。たくさんの人たちで創り上げた大切なお施主様の財産だからこそ、いつのときもさり気なくサポートしていく義務が私たちにあるのではないでしょうか。

自然にOB施主と付き合いが生まれる

 そうした思いで取り組んでいるせいか、ありがたいことに大きなトラブルもなく、いままで建てさせていただいたお施主様とのお付き合いは順調に経過しています。

 実際、いまの夏休みの時期は、必ず数組のお施主様が夏の親子工作の相談に来ます。どんなものをつくりたいのか、材料や図面、製作計画をいっしょに考え、でしゃばりすぎないアドバイスをさせてもらいます。だいたいの親子が、当社に来て準備・段取りを終えるとそれを自宅に持ち帰り、製作に取り組むようです。

 そして子どもたちが学校に登校する前に、できあがったものの写真や、つくっていたときの様子がわかるお手紙をいただきます。とてもうれしい財産です。そんな関係をとても誇らしく感じています。
d0053167_14363970.jpg

d0053167_14425967.jpg
点検を背景に自然なOB施主コミュニケーションをかたちづくっていく。
夏休みの時期には、同社の作業場に必ず数組のOB施主が親子工作の相談に訪れる。

住まいの問題と対処は協力会と、メーカーにもフイードバック。
みなで施主と地域の財産を守る


 困ったとき、悩んだとき、楽しいとき、嬉しいとき、その時々で自分たちがいろいろなお手伝いをできる関係。社名に込めた『親しみのある和やかな家づくり』を、今後も実践できればと思っています。

工務店もまた地域の人に育まれている

 私たちの暮らしている庄内地方の鶴岡と酒田は、隣接しているにもかかわらず、気象条件が違います。鶴岡は雪が多いので、軸組は骨太で雪対策を重視します。それに比べ酒田は、海沿いなので風が強い。だから風の対策が重要です。

 ほんの25kmの45分前後で行き来できるところなのに、生活習慣が違ってきます。ですが、どちらも寒い時期での対策が関係しているので、高性能(高断熱・高気密・耐震・エコロジー)の住宅が求められていると言えるのです。

 人の命を守る器である住まい。これからの住まいの常識は、やはり高性能住宅でしょう。余談ですが、庄内人はその地域によってそれぞれの気質を持っています。

 鶴岡の人たちは城下町で温厚な性格のせいか、自分の意見をなかなかダイレタトに話してくれません。ですが、気に入ってもらえればぞっこんとなります。逆に酒田の人たちは、港町(商い町)のせいか、わりとはっきりと意見を言います。威勢がいいのです。

 そんな人柄との付き合いのなか、それぞれの家族の想いを形にしていきます。鶴岡の人たちには、根気強く話を聞いていく姿勢が必要です。酒田の人たちには、あまり自分たちだけの思い込みになり過ぎないように調整する必要があるようです。

 とはいえ、どの家のプランニングも楽しい。自分がその家の主婦となり、家族の笑顔を増やせるプランを提案します。だから一つとして同じプランができないわけです。十人十色の想いをどれだけ形にしてあげられるか、家族全員の想いを組み込んであげられるかがつくり手の醍醐味であり、技術ですね。
[PR]

by shinwasouken | 2009-08-30 16:00 | 連載-新建ハウジング +1

新しい魅力!リフォーム「断熱改修のすすめ」

> 2009年 8月 1日  P13/P14/P15/P16 掲載
 ・ 住まいと電化 vol.21
   新しい魅力! リフォーム

断熱改修のすすめ

〓 より良い住環境で
 地球にも人にも快適でエコな暮らしのために 〓
d0053167_1644523.jpg


断熱改修とは?!
断熱改修・‥なかなか聞きなれない言葉だが、簡単に言えば現在の住環境のレベルをあげ、より地球にも人にも優しい家に生まれ変わらせ住宅の資産価値をあげる方法のひとつ。リノベーションともいう。
 いままでの日本の住宅の多くは局所暖房を取り入れており、採暖という手をかざす暖房がメインである。なぜかと言えば、住宅の性能が貧弱だったのが大きな理由。本来、暖房という漢字は、房を暖めると書くことより全館暖房を指している。諸外国の寒い地域では、住宅性能が高く全館暖房が基本だが、日本人はつつましかった為に居ないところまで暖房することが悪いことのように思えていたのかもしれない。それがかえって住宅の寿命を縮めてしまう結果となり、ひいてはそこに住む人たちの健康さえも蝕んでいったと言っても過言ではないのだ。現在、日本でも北海道や東北などの寒い地方は、住宅性能が向上し海外の寒い地域と同じ様に全館暖房が主力となってきた。しかし、全館暖房をするということは、住宅性能のレベルを上げなければ限りある資源のエネルギーや住み手の光熱費の無駄遣いとなってしまう。そして、性能の良い住宅をつくるのは新築でないと出来ないものと思われている。そこで、これらの問題を改善しつつ、既存住宅でも新築と同レベルにする方法として断熱改修が考えられ現在展開されている(下図参照)。
d0053167_13371291.jpg

断熱改修の効果
 断熱改修をすることで、どんな効果が得られるかというと、住宅全体が温度のバリアフリーになる。身体への負担が少なくなる為、身体の調子が良くなり医療費が減少する。しかも、今までの住まいのように、住宅性能の貧弱さや暖房機器の影響の温度差による結露やカビ・ダニの被害も少なくなり、住宅の寿命も延び健康被害も少なくなる。そのうえ、部屋毎の温度差が少なく、寒い場所が無くなるので家中が100パーセント利用可能で、平均室温19℃~20℃の生活が出来る。もちろん冬のことばかりではなく、夏の冷房効率のアップにもなる。だいたいが、冷房運転ではなく除湿運転だけで涼しさを感じているし、きちんとした住宅性能があればエアコンの性能は小さくて済み、光熱費も削減となる。だから今までの生活空間も環境も見事に変わる。動きが楽になる。不快な湿気がなくなる。結露が起きない。結露によるカビが発生しない。気持ちが大らかになる。ゆとりが生まれる。など等‥・生活の根幹をなす住宅性能の向上は生活レベルの向上そのものといえる(下図参照)。
d0053167_13373733.jpg

断熱改修の効果②
 ここまでは、断熱改修をした後の生活に関しての内容だが、その前の段階も効果は大きい。たとえば、既存の住宅を使うわけだから、解体部位をより少なくすれば資源の有効活用が出来、建て替えのように解体し産業廃棄物としての処分費を丸ごと掛けることもなく半分以下の費用配分となる。そのうえ間取りの変更が少なければ、内部の補修は小さくなり改修コストも押えられる。しかも、そこで培ってきた家族の思い出も活かすことが出来、新たな思い出作りとなる。住み慣れた我が家が高性能に生まれ変わる。ご近所付き合いも、今までどおり。
 新築にはない利点が、こんなにも多くある。そこが、断熱改修のすごいところだ。

リフォームとの違い
 リフォームとの最大の違いは、家全体の温熱環境が変わることである。リフォームは住宅の部分的なところを改善すること。例えば、外装とか水周りとか。リフォームでも生活を快適に変えることが出来るが、住み手の身体への温度の影響に関しては、リフォームだけでは、局所暖房の説明と同じ様に部分的な改善にとどまり全体の改善までは難しい。断熱改修となれば、全体を隈なく調査し現状を確認したうえでの全体改修となる。
 今までの経緯から判断すると、築30年前後の木造住宅が断熱材を使い始めた頃に位置しているようだ。雨風を防ぐだけの住宅が、人を著さ寒さから守る方向になってきたに違いない。ただ断熱材の種類も当初は少なく、断熱材の施工も何も構築されていなかった。だから、断熱材の効果が発揮できず、外気に影響されるスカスカ住宅が当たり前だった。そんな温度差による原因等で、住宅の傷みが大きくなり解体をしなければならない場合が多かったのかもしれない。では、そんな住宅をどうするのか?本当に、家全体を快適な温熱環境に改善できるのか?断熱改修ってどんな工事をしていくのか?
 住み手の大半は、最初から断熱改修を望んだりはしない。なぜなら、そんな対処方法があることを知らないからだ。しかも、建築業界の中で創り手側が知らない場合あり、残念ながら住宅の温熱環境なんて建ててから住み手が判断するものと認識している場合が多い。だから住み手に断熱改修の提案が出来ないのである。創り手が自ら施工する住宅に関して温熱環境のシミュレーションが出来ないなんて恥ずかしいことなのだが…。

断熱改修の工事
 まず、床下から屋根裏まで確認できる範幽全てをさまざまな角度から調査する。そして、住み手から現住宅での生活スタイルや住宅の不満や不安部分を聞き取りし、不安部分を解体し現状の確認。当時の図面があれば現状との違いが無いかどうかなどをチェックする。そのうえで、住宅の温熱環境以外の改修をするのかどうかで計画を立てる。断熱方法については、充填断熱と外張り断熱・その両方をする付加断熱とがある(下図参照)。
d0053167_13393152.jpg

 現状のチェックで傷みが多く発見された場合やライフスタイルの変更、水周り全体や間取りの変更など改修部分が大きい場合は、現状をほぼ解体し、骨組みだけにしてからの工事となり、新築時の建て方以降での作業工程となる。この場合は、仮住まいへの移転が
必要となる(写真)。

d0053167_1437154.jpg
現状確認変にゾワゾワしていたという和室の畳を外してみたら・・・湿気でカビがびっしり。
d0053167_14373244.jpg
現状確認白蟻の蟻道。身を守りながら土台まで進む。おそるべし
d0053167_14404779.jpg
外部の被害雨漏りと白蟻の被害で柱・土台・筋交が悲惨なことに。
外壁を剥がしてみないと、壁の中の様子はわからない。

d0053167_1443155.jpg
解体作業外部への影響を考え、外部を傷めず内部の解体をしていく。
d0053167_14435943.jpg
解体作業浴室の窓台から内部に水が入って腐食。解体してみないとわからない現状。
d0053167_1445485.jpg
断熱施工本屋の瓦を降ろさず小屋裏内部より断熱施工。下屋部分は充填断熱施工中。
d0053167_14491512.jpg
改修前南側広縁 明るいが寒い。奥まっている居間が暗い。
d0053167_14502860.jpg
d0053167_1451927.jpg
改修後リビングダイニング 広縁すべてが温度差無し。
昔からの欅の差し鴨居を利用し縦格子を優しい曲線で。


d0053167_14542375.jpg
改修前外観築27年。モルタル外壁の傷み。
d0053167_1592057.jpg
d0053167_14552186.jpg
改修後外観外壁 樹脂サイディング(30年保証付き)

 逆に、外部の傷みだけで内部の改修が少ない場合は、ほぼ温存し外部の解体だけで断熱改修をするために、住みながらの工事も可能になる。どちらの方法にしても外部の傷みが多くなってきた時に、内の構造躯体の状況確認もしたうえで耐震補強も施し工事の段取りを構成するのが一番のポイント。材料の手配や確保。準備。関連業種との連携。この組立をきちんとしないと、あとで大変なことになってしまう。どの場合にしろ、既存住宅の為、現状の維持管理をしながら作業を展開する。通常であれば、とりあえず全部解体し、その後に作り込みを始めるが、断熱改修の場合、傷めてはいけない部分があるので、解体するとすぐ改修をして納めなければならない。例えば、天気状況をにらみ開口部の取り外しと取り付け、傷み部分の切除やその補強。耐力壁の施工と断熱補強まで、各部位の担当者がそれぞれ段取り良く作業をこなす。新築とは違い時間配分もかなりの細分化を要求される。誰もが出来るというレベルの作業ではない。新築住宅できちんとした温熱環境の住宅を創れることが最低のレベル。そして現場作業を担う全ての人たちとの信頼関係が大切な鍵となる。住み手・創り手が一体となり大切な住まいを作り上げるという確固たる信念が必要なのだ。住まいは、買うものではなく共に創りあげていくもの。断熱改修という工事は、それが如実に反映される。単なる仕事ではなく住み手の人生をサポートすることになる。重責であるが、完成後の住み手の満足度は新築住宅以上のもの。以前の住宅が比較対象になるのだから当たり前だ。だからこそ、これからの既存住宅の再生に“断熱改修(リノベーション)”という方法が欠かせない。
d0053167_15292895.jpg

断熱改修工事のコスト
 気になるコストに関しては、工事の大きさによって差はあるが新築工事の60%~80%程度。この中には、解体費用も入っている。当然、間取りや設備を変えればコストは大きくなる。このコストが高いか安いかは価値観の相違になるが、私としては、住み手が手に入れられる住環境への投資としては決して高いものではないと判断している。なぜなら自分自身、築18年の家を断熱改修し、住んでみての効果を実感しているからだ。さらに最近では温熱環境をきちんとした住宅ではより安全で安心なオール電化にする場合が多く、熱源が1つになるからこその省エネ意識が芽生えている。時間の有効活用や消費電力ヘの意識は、月々の光熱費に跳ね返るので目に見えた効果となり、その影響は大きい(図参照)。

まとめ(施主様の声・創り手の声)
 断熱改修後の住み手の声は、『改修だと思えない』『騒音・結露がほとんどない』『外〈風雨)の影響を全然感じない』『家全体をいつでも使える』『家に対しての愛着が深まった』『嬉しくて、友人を呼んでしまう』などなど感
謝の言葉が多い。その反面、創り手の声としては『新築以上のパワーが必要だ』『遣り甲斐が大きすぎる』などの大変だという声が多いが、技術集団としての腕の見せどころであり、住み手側の満足度が高いことで、その大変さもどこかに吹き飛んでしまうようだ。最近は、エコや環境にも大きく貢献していることも実証できているので、さらに追い風となっている。どこにお金をかけるのか?最新技術だったり、素晴らしいデザインだったり、材料だったり・‥それぞれ個人の考え方で違うだろうが、そこで住み手が生活をしていくということには間違いがなく、住みこなし方を知らずに過ごすとせっかくの住宅がただの箱になってしまう。これからの創り手は、住みこなし方さえも住み手に伝授していくことが必要であると考える。
[PR]

by shinwasouken | 2009-08-01 16:00 | 掲載-住まいと電化
line

あなたの住まいを一緒に育てたい


by shinwasouken
line